消されたヘッドライン / State of Play

"新聞記者が追う政界の陰謀。"
刑事以外の人物が事件を追うと、本業が忘れられた展開になりがちなのですが、この映画では記事を上げることを目標に話が進むので、人物の背景が生かされていて、見ごたえがありました。
そして配役が良い。新聞記者にラッセル・クロウ、議員にベン・アフレックなどなど、それぞれの役どころに見た目も演技もぴったりな人を当てています。最後の展開が急なことがやや残念。
(余談ですが、これも邦題がおかしいです。もともと“State of Play”というドラマがあって、そちらの副題は『陰謀の構図』と内容に適したものでした。それが、権利の関係なのか、『消されたヘッドライン』として配給されていますが、本編ではヘッドラインのことを言及しないので、見終わった後にタイトルの意味という最大の謎が残ります。いっそのこと『ステイト・オブ・プレイ』にして欲しかった。)

"A pursuance by reporters against a plot in a political circle."
In the case that civilians are getting to follow a case by themselves, stories are apt to proceed ignoring their jobs, but in this film, because characters are following the case as a part of their work and background of each character are described well, and that is making the story more interesting. Also, this has suitable castings, like that Russell Crowe as a reporter, Ben Affleck as a politician. They are fitting in both their appearance and action. Only the last part has a possibility of disappointment because it comes a little too quickly.

Suspense / 2009 / US, UK / 127 min