誘拐の掟 / A Walk Among the Tombstones

"元刑事が追う、薬物ブローカーをターゲットにした連続猟奇殺人――。"
リーアム・ニーソンのこうした映画はよく見かけますが、それでも見ごたえはさすが。冒頭の緊張感を最後まで味合うことのできる、良いエンターテインメントだと思います。残念ながら、犯人の動機がぶれているし、主人公の過去があまり本編に活かされていないという減点はありますけれど、アクションサスペンスとしては良い作品だと思います。

"A retired detective tracks serial psychotic killer whose targets are drug broker."
I often see such a kind of action film which Liam Neeson was in, but, even if you've seen that kind of films, this film is also good entertainment to see, supported by the tension from the beginnings to the end. Unfortunately, the motivation of serial killer was unstable and the main characters history didn't affect to his story very well, however, I think it's still on good work as an action suspense film.

Suspense / 2014 / US / 114 min
posted by nagara at 17:14Movies

プレシディオの男たち / The Presidio

"中佐と刑事。因縁を抱えた二人の共同捜査と人間模様の行方。"
1988年公開、と少し昔の映画です。ジャンルはサスペンスになっているのですが、シーンごとの尺の長短からして、中佐を中心としたヒューマンドラマが妥当ですね。もともとの短さも相まって、サスペンスとしては盛り上がりに欠けています。でも配役は良いし、人間ドラマとしても今に劣らず見られるものだと思います。なによりマーク・ハーモンが若い。

"A lieutenant colonel and a detictive. Combination work by two discorded guys, and relationships of them."
This is a bit old film opened in 1988. Although the genre of this is registered to suspense, I thought it should be drama centering to the colonel when we consider the each length of scenes. What's more, this film is shorter than recent suspense works, then people may feel like seeing an insufficient suspense film. However, the casting and the story, regarding the drama side of the film, are both great. Furthermore, Mark Harmon in here was so young!

Drama / 1988 / US / 96 min
posted by nagara at 17:13Movies

Cracked Life

かかとが割れる年齢になりました。太ったせいかな。そう思いたくないけれど。
さて、書道の師範資格を取ろうかと思ったものの、取ってどうするというところもあって、しり込み中です。いっそ就活やめて、脱サラすることを本気に考えるべきなのかしら。そうせざるを得ない気のする今日この頃。

I'm welcomed to the group those who have a crack on their heel. It's caused of my increasing weight? I don't want to think so.
By the way, I started considering getting the license of Shihan about Japanese calligraphy, but I'm not sure it's useful in my future, so I've been hesitating for weeks. Should I think about quitting job hunting and starting my own business? I also feel that's a only way to live peacefully.
posted by nagara at 17:26Diary

神代の子・諸 十九話UP

<前回のあらすじ>
村雲を探して平端に戻った錆丸と朽丸であったが、屋敷に村雲はおらず、代わりに居たのは伊丹であった。二人は事の顛末を伊丹に説明した後、屋敷を後にした。

神代の子・諸 十八話UP

<前回のあらすじ>
錆丸と言う名の手がかりを求めて伊丹を訪ねた村雲は、その帰り道に蓮雁という親王に道をふさがれ、法皇に呼ばれていることを知る。報奨に欲がなく、一度は断ったものの、その後に現れた二人の武官により、村雲は上京を強いられることとなった。

Not For Sale.

少し前の事ですが、いまいち分かりづらい小説の原稿用紙換算を、文庫本のページ換算に変えました。さすがに指折り数えるほど暇ではないので、ここはエクセルマクロの出番です。実装に30分。うん、まだ鈍ってない。
計算してみると、前作の足枷は488ページあったので、文庫本だと薄めで2冊でしょうか。1冊にも満たないと思っていましたが、それなりに書いてるんですね。ちなみに現在の「神代~」は書きあがっている分で630ページ。立派に2冊ですね~。売ればよかったかな。まあ、そしたら出版部数=在庫になって、私が全部買うんでしょうけど。(笑)

A few weeks ago, I changed the counting unit of my novels from paper to page to make them clear for readers. It's waste of time to count them manually, so I wrote Excel VBA program to do that. My skill wasn't so spoiled that it required over an hour.
Anyway, my last work has 488 page, it can be 2 thin books, while I didn't think it can become even a book. On the other hand, ongoing work already has about 630 pages, so it can be 2 usual size books. Well, I would be able to sell them, but if I did, I easily predict that all of the books will be treated as stock and bought by me.
posted by nagara at 21:26Diary

神代の子・諸 十七話UP

<前回のあらすじ>
神覧試合の夜に出た火により、平端の内裏は焼け落ちてしまった。惨事の後で騒動の要因が鬼門崩しであったことを聞いた村雲が犬見を訪ねると、もぬけの殻となった住居には村雲宛の文が残されていた。
posted by nagara at 10:18Diary

I want to say I made...

お久しぶりです。ここ最近、何も投稿せずにすみません。
何をしていたかと言うと、無事就職したわけではなく…ゲームしてました。正確には、ゲーム作ってました。まだまだ過去形にできないわけですが。
ちゃんと説明しますと、随分昔に、(期待されながら?)いろいろあって作らなかったゲームがあったのですが、OSかわったらソフトが起動できなくなって放棄していたわけです。それが、ふと、メーカーサイトを訪れてみると、対応版がリリースされているではありませんか。と言うわけで、数年越しに再開。でも自分の好みが変わってしまい、ほとんど作り直す羽目に。今日になってようやくオープニングができたので、ちょっと動画で公開してみます。(途中から音鳴ります。音量注意!)



動画で紹介するスタッフは大勢いるように見えますが、全部私です。素材を借りてくることはあっても、一人で作ります。よって、詰め込むと完成しないので、本編だけなら2時間くらいでクリアできるものを想定して作るつもりです。戦闘より雰囲気(物語とアイテム)重視。アイテム・コンプリートに10時間ぐらいが理想かなあ。構想多くて船沈没。いつものパターンですね。

お金を取る気はないので、支援者の方、ひたすら応援ください。(笑)
最大の問題は、小説との時間バランス……。

Hi, a few of everyone. I'm afraid I've updated nothing these weeks.
Announcing how I spent those days, I didn't got a job, but just gamed. More correctly I've been making my own game and it's still going on.
It's a little complicated to tell everything, but in a nut shell, I found the update program which is distributed by the maker that sold RPG Maker to conform the software to Windows 8.1 OS. It became a start, and I picked up the old and halfway point data from my stock drive, then I'm modifying it. Anyway, I've finally completed the opening, so I open the movie here. (The sound will be played in the middle, so please be careful of your volume setting!)
Although I seem to have many stuffs in the movie, all of them is my different names. Because I make the game all by myself, excepting preset materials, I cant make a long term game. It will be about 2 hour to clear it simply, and maybe 10 hours to complete all items.
I never consider to earn money by this, so please give me an yell for proceeding.
The meager problem is how I should share me time with my novel, though...

posted by nagara at 21:17Diary

あの日のように抱きしめて / Phoenix

"強制収容所から生還した一人の女性を待ち受ける、非情な夫婦生活。"
主題は生還した女性とその夫の夫婦関係にあるのですが、背景にあるのは戦争が落した影です。生きて帰っても元の生活には戻れない。そんなもどかしさが、エピソードを通して描写されます。決して真人間ではない夫も、連行される前の妻への愛が垣間見えるあたり、彼も戦争によって歪められた一人なのでしょうね。見どころは主演二人の表情の演技。

"A heart partner relationship after surviving from Auschwitz."
The this film subjectively is about the relationship with the survivor and her husband behind the shadow the war had left. Through out the episodes, I felt she isn't allowed to be back to their previous life even though she has returned from the hell. Surely her husband was a little insane, but he apparently loves her who hadn't been taken to Auschwitz yet. That means he is also one of the people who were distorted by the war. Talking except the story, the performances of facial expression were particularly impressive.

Fantasy / 2014 / Germany / 98 min / R-15
posted by nagara at 18:45Movies

神代の子・諸 十六話UP

<前回のあらすじ>
平端から離れたところで、合流した錆丸、朽丸、湖袖、圭子の四人は、それぞれの経緯を報告し合う。その末に、四人は法皇を止めることに念頭に行動をともすることを決断した。